一般媒介契約 専任媒介契約 仲介

> 不動産売却の基礎知識 > 一般媒介契約と専任媒介契約

一般媒介契約と専任媒介契約

不動産業者の仲介を得て、物件の売却を行う場合には、
売主と不動産業者の間で、媒介契約を結ぶ必要があります。
媒介契約には、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があり、それぞれに特徴があります。

媒介契約の種類と特徴

レインズとは?

それぞれのメリットとデメリット

専属専任媒介契約、および専任媒介契約については、売主に対して拘束力の強い契約であるため、
契約期間は最長でも3ヶ月以内と定められており、一般媒介契約では契約期間に制限はありません。
近年では、専属専任契約を締結する例は稀で、ほとんどの場合が一般媒介契約か専任媒介契約となっているようです。
それぞれのメリット、デメリットについて簡単にまとめると以下のようになります。

  一般媒介契約 専任媒介契約
メリット

・複数社への依頼が可能なので、物件情報が広がりやすい

・複数の業者間での販売競争が期待できる

・不動産業者は必ず仲介手数料が入ってくるので
販売活動に力を入れてくれる

・1社のみとの契約なので手間がかからない

デメリット

・販売状況の報告義務がないので
どういった販売活動をしているかわかりにくい

・他社で成約してしまう可能性があるため
販売活動にコストがかけられない

・1社のみの独占契約なので 契約した業者の販売力に左右される

・売主が買い手をみつけることはできない

どちらが有利なのか?

物件情報を拡散するには?

媒介契約については、どちらが有利なのか諸説ありますが、
インターネットによってレインズのデータ共有がより簡単にできるようになったことに加え、
不動産ポータルサイト上で、物件情報を簡単に検索できるシステムが構築されたことから、
物件情報を拡散するために、一般媒介契約を複数社と結ぶことのメリットは
小さくなってきているといえます。

専任媒介契約を結ぶことで、レインズへの物件情報の登録を確保し、
なおかつ、ポータルサイトへの物件情報の登録を確保できる不動産業者を利用するならば、
専任媒介契約のほうが、迅速に売却できる可能性が高いともいえます。
また、物件情報を共有できるデータベースについても
レインズにこだわらない選択肢も存在します。

ちなみに、3ヶ月以内の任意の期間での契約が可能ですから、
短めの契約期間でどういった販売活動をしてくれるかを見極めて、
それから、さらに契約を延長するか、他社との契約に切り替えるかを選択するのも
賢い契約方法といえるのではないでしょうか。

不動産一括売却の一括査定 おすすめサイト

pageTop