売却 賃貸 住み替え

> 住み替えについて > 現在の物件をどうするか?

現在の物件をどうするか?

現在の物件をどうするか?

住み替えの際には、現在の持ち家を売却し、新たに住居を購入するというのが、
最もシンプルかつわかりやすい方法だといえます。
しかし選択肢としては、現在の持ち家を賃貸として貸し出して
定期的に家賃収入を得るという方法もあるわけです。

当サイトは不動産売却についてのサイトですが、住み替えという枠から見れば
賃貸も当然選択肢となってくるわけですから、賃貸についても触れておきたいと思います。

賃貸の場合

賃貸経営は想像以上に大変です。
まず、常に入居者が入ってくれるとは限りません。入居者がいなければ当然家賃収入はゼロです。
順調に入居者が決定したとしても、家賃分が収入となるわけではなく、
管理のための費用に加え、固定資産税の支払いもあります。
反対に、入居者が決まっている場合には、売りたいと思ったときに売ることはできません。

もちろん、悪いことばかりではありません。
入居者から見て魅力の大きな物件であれば、家賃設定を大きくとることも可能です。
また、不動産物件は資産として所有したままですから、
ある程度の期間賃貸運用をした後に売却するというケースも考えられます。
家賃収入を得られる上に、その後に高く売却できる物件であれば、これは大きなメリットだといえます。

賃貸のメリット・デメリット

売却の場合

現在の持ち家を売却することで、ある程度のお金を得ることができます。
ローンが残っている場合には、売却して得られた金額をローン支払いに充てることができますし、
ローンの支払いが既に完了している場合には、新たな住居を購入する資金に充てることができます。

資産としての所有権はなくなりますが、固定資産税の負担や、マンションであれば管理費などの
管理のための費用は一切不要になります。

ただし、売りに出した金額で確実に売却できるとは限りません。
売れない場合には、当初の設定価格よりも値下げせざるを得ないことになります。
また、売ってから買うという場合には、売れるまで住み替えができないということになります。

売却のメリット・デメリット

ローンの支払いが残っているかどうか

賃貸でも売却でも、それぞれ一長一短メリットもデメリットもあります。
どちらが適切な方法かについて決める、もっとも大きな要素としては、
現在の持ち家のローン支払いが残っているか否かがポイントになるでしょう。

ローンの支払いが残っているのであれば、売却してある程度のお金に変え、できる限り支払いを清算してしまう。
ローンの支払いが完了しているのであれば、賃貸として定期的な収入を得るというのも、選択肢になり得るのではないかと思います。

そしてやはり、現在の持ち家を売却する場合、賃貸として貸し出す場合に、
どれくらいの売却金額を得られるか?家賃収入を得られるか?をできるだけ正確に知った上で、
じっくりと検討することが大切なのではないかと思います。

不動産一括売却の一括査定 おすすめサイト

pageTop