仲介手数料 測量費用 抵当権抹消費用 税金

> 不動産売却の基礎知識 > 売却するにもお金がかかる?

売却するにもお金がかかる?

不動産売却時に必要となる費用

売るのにお金がかかるというのも「どうして?」と思われる方も多いかと思います。
通常なにかを売れば、手元に入ってくるお金はあっても、出てゆくお金はないものです。
しかし不動産を売却する場合には、さまざまな出てゆくお金も必要になります。

不動産売却では、売却するまでの過程においての手数料や諸費用、
そして不動産の売却金額は課税対象となっているため、税金の支払いが必要になります。
このページでは、売却の際に必要となるお金について解説してみたいと思います。

仲介手数料

仲介手数料

※仲介手数料ですので、買取の場合には不要となります。
 仲介と買取の違いについてはこちらをご覧ください。

測量費用

測量費用は売主が負担

売却する物件に土地が含まれていて、土地の境界が確定出来ない場合や、
売買条件に測量を行うことが盛り込まれている場合、測量費用が必要となります。
費用は売主の負担となることが一般的で、
相場としては15~30万円程度の負担が必要となります。

抵当権抹消費用

住宅ローンの支払いがまだ残っている場合には、抵当権抹消費用が必要となります。
目安としては、抵当権1本あたり¥15,000程度です。

税金

売却にあたって、印紙税、譲渡所得税などの支払いが必要となります。
印紙税は売主と買主の折半で、譲渡所得税は売主に対して課税されるものです。

このように売却には、さまざまな費用負担が必要となります。
特に仲介手数料については、売買代金が高額となる不動産売却では、
馬鹿にならない金額となってきますので、注意が必要です。

不動産一括売却の一括査定 おすすめサイト

pageTop