仲介 買取 特徴

> 不動産売却の基礎知識 > 仲介と買取の違い

仲介と買取の違い

マンション・一戸建てなどの不動産売却の方法は、
おおまかに仲介と買取の二つにわけられます。
どちらも一長一短がありますが、ここではそれぞれの特徴について解説してみたいと思います。

仲介について

仲介とは、物件を売りたい売主と、物件を買いたい買主の間を不動産業者が仲介して
売買を成立させるというもので、不動産売却では最も一般的な売買方法といえます。

実際のところ、売主が自分の力で買主を見つけることができるのであれば、
法的には、不動産業者による仲介が必須というわけではありませんが、
個人間での取引では住宅ローンを利用したい場合に、ローン会社の審査が降りないケースがほとんどです。
さらには、売買をめぐってのトラブルが起きてしまった場合にも、個人間では対応が困難です。

こういった理由から、仲介手数料を払っても不動産業者の仲介による売買としたほうが、
スムーズな取引が可能になるといえます。

仲介のイメージ

仲介手数料についてはこちらでも簡単に触れましたが、もう少し詳しく説明しますと、
宅建建物取引法によって取引価格ごとに上限が定められています。

仲介手数料の上限

買取について

買取とは、不動産業者自身が買主となり、物件を売りたい売主と直接売買契約を結ぶというもので、
仲介手数料は必要ありませんが、仲介と比較した場合に低い金額での売買となるケースが多くなります。

これは、買い取ったところで、現状のままで買主がつくかどうかわからないリスクがあるため買い叩かれる場合が多いためです。
立地条件が良いなどの、売却に有利な条件がいくつかある場合には、その限りではありません。

買取のイメージ

売主から見ると買主が見つかるまでに時間がかからないので、
売却物件を短時間で現金に変えられるという点では、大きなメリットがあります。

不動産一括売却の一括査定 おすすめサイト

pageTop